ところざわ介護道場 第7回開催2018年11月29日

11月28日(水)ところざわ介護道場 第7回を開催しました。

衣類着脱介助 総合練習

この2ヶ月間 前開きタイプの衣類着脱を学びましたが、今日は和式寝巻きの練習です。

右半身麻痺、風呂上り・裸にバスタオルの状態からスタートです。先生から教わる前に、今迄の知識総動員でやってみます。

ベッドの高さ、立ち位置(健側・患側どちらで介助するか)、手すりの扱い、声掛け、バスタオルの使い方、体位変換、着せる時の腕の出し方、衣服の整え方 等に気をつけながら4分で仕上がるようにすることを目標に行いました。

その後、先生の実演がありました。

立ち位置は健側 → 声掛けしてからベッドの高さ合わせ → むこう側にすぐ着せられるように衣類を置く → 仰臥位から側臥位へ体位変換 → 右袖に右手を通し腋窩(えきか)と脇線を合わせた後背中を整え、残りの衣類は身体の下に入れる → 側臥位から仰臥位へ → 両足の間隔は手のひら1つ分空ける → 左袖を通しやすくするために右肩の衣類を外し、左身ごろを引っ張り、指先に注意しながら左腕を入れる → 襟の合わせが「ソ」の形になるように着せ、両脇・背中心を引きシワを伸ばす → 衣類の剣(襟先)を左右合わせバランスを直す → 腰紐を縛り横へずらす → 側臥位にし背中心・脇の2ヵ所を引っ張りシワを取り、仰臥位へ → 肩の襟を抜き・下前の裾を三角に曲げ、動きやすいように崩す → 中のバスタオルを下から抜いて出来上がり(この瞬間が気持ち良い!)

「あ~気持ち良かった♪」の声が思わず出るような着替えでした。受ける側は、意思確認と声掛けで安心し、優しい手つきで癒され、感謝の想いが自然と湧いてきます。モデルを体験すると、どうすれば気持ちが良いのかが分かります。

和式寝巻きは受講生さんからのリクエストでした。お応え下さりありがとうございます!和式寝巻きの正式なたたみ方も教わりました。

次回は12月20日(木)18時30分~20時30分「第1回~第6回に習った技術総合練習」です。ぜひ一緒に学びましょう!

お申込みはこちらから → http://www.ml-care.co.jp/contact