所沢悠生苑くすのき台:ひなまつり2019年3月4日

3月1日(金)所沢悠生苑くすのき台 サ高住では、ひな祭りの会を行いました

今年は訪問ネイルケアの福祉ネイリストである髙野様・石川様に来て頂き、ご希望の方へネイルを施して頂きました。皆さんにとってネイルが身近ではない為、声掛けの段階ではあまり気乗りしないご様子でした。ところが当日を迎えてみると、次から次へとお客様がひっきりなしに訪れ、ネイリストさん方は休む暇無しの嬉しい状態に!

キレイなピカピカの爪になり、「ネイルなんて何十年ぶり」とお話し下さる姿に、女性はいつまでもきれいになりたいものだと感じました。爪だけではなく、頬もピンク色に高揚し、どの方も素敵な笑顔になりました

カラーは見本から自由に選べます。

皆さん自分らしい色をお選びになり、納得です。

今日の装いにもぴったり!

ピンクがお似合いですね。

控えめに透明色。

ショートご利用の方も来られました。

福祉ネイルは、目を合わせてにっこり微笑み、優しく前向きな言葉を使って声掛け、指先や腕に触れてのスキンシップがあるので、「癒し・元気・笑顔」をもたらします。

ネイルが終わった方から順にお茶会です。気持ち明るく話しも弾みますね

3月2日(土)はデイサービスのひな祭り

サ高住の雛段飾りをツアーで見に来られ、スタッフが解説。男性の身長程もある立派な7段飾りは、入居者様からの寄贈の品です。毎年大切に飾らせて頂いています。

この後、甘酒と桜ロールケーキを頂きました。

デイサービスの作品をご紹介

この壁画は、ご利用者様方が作りました。「今日はこれをやらないと」とご自身の中で考えて下さっている方がいて、責任感に驚かされます。お陰様で毎月素敵に仕上がります。

折り紙で作ったおひなさま、少しずつ個性が表れます。

お習字がお得意な方の作品です。それぞれお好きな事に取り組みます。

作品作りから始め、今年も楽しいひな祭りとなりました(^_^)