所沢悠生苑くすのき台:ブリ解体ショー2019年3月21日

3月19日(火)所沢悠生苑 サ高住ラウンジにて「ブリ解体ショー」を行ないました。

毎年恒例の行事なので、「去年も見られた方は~」の問いかけに、多くの方が「は~い!」、よく覚えておいでですね。

今年のブリは鹿児島県産。この大きさ1本で約50人前のお刺身がとれるそうです。職人として一人前に捌けるようになるまで、最低2年はかかるそうです。

腹から捌いて

あっという間に三枚おろし

骨を取り除いて、皮を剥いで、冊にしてから

お造りにしていきます。職人さんの見事な包丁さばきに、後ろの方は身を乗り出してご覧になっていました。

きれいに盛り付けられましたね。ピチピチッと尾ひれが動きそうな、躍動感ある姿です。

このブリのお刺身は、施設ご利用者様の昼食で召し上がっていただきました。脂が乗っていたので、「美味しかったね~」の声があちこちから聞こえてきました。冬が旬のブリ、次回もお楽しみに!