所沢悠生苑:消防・避難訓練2019年7月9日

埼玉西部消防局の方にお立会い頂き、消防・避難訓練を行いました。

今回は火元がデイサービス静養室。毎回設定を変えて、どこで火災が発生しても対応できるようにしています。

①「火事だー」と皆さんに呼びかけ、②呼びかけを受け、別職員が消防署へ通報

誘導 デイサービスが火元なので、サ高住ラウンジへ落ち着いて移動します。

デイサービス・ショートステイ・サ高住のご利用者様が揃ったところで、消防局の方から「火災時エレベーターの状態や階段での避難ついて」お話しを伺いました。職員が人数確認をした後に、貴重品を取りに戻ってはいけません。私達職員にとって、誘導時の大事な声掛けポイントです。

④初期消火 「水消火器の訓練」

火元から5mの距離で、15秒間噴射なので効率良く! 1.ピン→2.ホース→3.レバー

力がない方も、消火器を地面に置いて行うと、正確にホースを火元に当てられます。

最後に質問タイム。テレビから流れた情報が正しいのか、疑問を確認できました。情報を精査し、万が一の際はご利用者をしっかり守ります!

今後も訓練を重ねて参ります。