所沢悠生苑デイサービスくすのき台:敬老のお祝い2019年9月17日

所沢悠生苑デイサービスくすのき台では、9月16日・17日と2日間に渡り、敬老のお祝いをさせて頂きました。

祝い膳もお楽しみの一つですが、1日目は「天ぷら・栗赤飯ご膳」、2日目は「たまご巻き寿司・茶そば・ますの西京焼き・炊き合わせ・五色なます・フルーツ」、味だけではなく見た目も楽しめる昼食をご用意させて頂きました。

1日目はビンゴゲーム&カラオケミニ宴会

ビンゴゲームは、皆さんお手元のカードに集中してドキドキでした。

賞品はどれを選ぼうかしら♪

歌のお好きな方が多いのでカラオケを合唱し、ドリンクとおつまみでミニ宴会です。

今年のプレゼントは携帯クッションにメッセージカードを添えて。~いつまでも元気で楽しくお過ごし下さい~

2日目は東村山市で活動をされている「西宿人形芝居」の人形劇を観劇

1話目

地元のお話「太平記」久米川戦余聞 秋津十郎太冥土岐路(あきつじゅうろうた めいどのわかれみち)

近所の八国山が出てきます。ここで語って下さる尼さんは、実在の物なのだそうです。

閻魔王がおどろおどろしく、人魂飛び交う後に登場。演出が素晴らしい!

お話の結末は・・・。機会があったら本物をご覧になって下さい。

舞台準備の間は、手遊びや歌で楽しく過ごしました。

みんなで大合唱♪♪ どの曲もスラスラと歌い盛り上がりました。高~原~列車はララララ、行くよ~♪ 舞台が暗くても眠気などありません。イキイキとリフレッシュして、第2話へ。

「茨田重方の女房」今昔物語に収められているお話です。

女房の心の声に笑い溢れました!

大勢の人形遣いの裏方さん、三味線・琴の奏者さん、臨場感ある語りさん、皆様の一体感が本当に素晴らしかった!

最後には間近で人形を見せて下さいました。

全て手作りの人形は、「どんな作りなのだろう」と多くの方が手を触れて確かめていました。

西宿人形芝居の皆様、迫力ある人形劇をありがとうございました。

所沢悠生苑では今週末9月21日(土)13時~15時、秋祭を行います。サシェ作り、作品展示、模擬店もあります。ご利用者様はもちろん、ご近所の方々もぜひ遊びにおいで下さい。