所沢悠生苑デイサービスくすのき台:中学生の職場体験2019年12月12日

12月10日~12日の3日間、所沢中学校1年生の生徒さん3名が職場体験に来て下さいました。

今回は模擬面接からのスタートなので、昨年より本格的です。

初日は職員指導の下、当施設の一日の流れや動きを学び、補助業務を行いました。

二日目は昨日覚えた動きを実践。最終日には、自ら判断し行動出来るようになりました。

ご利用者様が来苑されたら、腰を屈め目線を合わせてご挨拶。上履きを出し履き替えた後に、席に誘導。ご利用者様の状態により、歩く速度も合わせ、椅子を引き…、一連の流れがとても自然です。

お茶出しはすっかりお任せ。傾聴や会話、必要物品の用意、お一人お一人が指示が無くても動いて下さり、大助かり! ひ孫のような生徒さんにもてなされ、利用者さんも大変喜んで下さいました。

脳トレレクレーションでは、答えや漢字を板書したり、

  折り紙を折ったり、

合唱も披露して下さいました。丁寧な歌声に、ご利用者様は感動して涙ぐまれました。お互いに感受性豊かで、素敵な時間でした。

数ある職業の中から介護職体験を選んで下さるだけあって、心優しい生徒さん。利用者様を喜ばせて下さり、ありがとうございました!

所沢悠生苑では子ども食堂などボランティアに支えられて運営しているものもありますので、成長されてまたご縁がございましたら、嬉しいです