居宅介護支援・介護予防支援HOME CARE SUPPORT

居宅介護支援・介護予防支援とは

介護支居宅介護支援事業所とは

都道府県の指定を受け、介護支援専門員「ケアマネージャー」がいる機関です。要介護認定申請の代行や、ケアプランの作成を依頼する時の窓口となり、サービス事業者との連絡・調整などを行います。

介護支援専門員「ケアマネージャー」とは

介護の知識を幅広く持った専門家で、介護を必要とする人や家族の相談に応じたり、アドバイスをします。また、利用者のケアプランを作成したり、サービス事業所への連絡や手配などをします。

※ケアプラン作成、相談援助等の費用は全額介護保険で支払われますので、自己負担はありません。

ご利用の手順

1. ご相談

まずはご連絡下さい。サービスの内容やその他相談がありましたら、当社にご連絡ください。電話でもメールでも結構です。

2. 面接

当社のケアマネージャーがご自宅などに訪問し、ご本人とご家族のご要望をお聞きします。ケアプラン作成には料金は発生しません。

3. ケアプラン作成

ご本人やご家族が安心して生活できるよう、どのような介護が必要かどうかなどの情報をもとに1ヶ月の介護計画(ケアプラン)を作成します。その際、サービス利用料についても詳しく説明し書面で交付いたします。

4. 各サービス事業所との契約

訪問介護の内容など、ご納得いただきましたら契約とさせていただきます。ご契約後、サービスが開始されます。

居宅介護支援(要介護1~5の方)

介護支援専門員(ケアマネージャー)が,介護が必要な方の心身の状態などに応じた介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。また,要介護認定の申請手続きを,代行してもらうこともできます。まずは,居宅介護支援事業者に御相談ください。

居宅介護支援事業者とは

都道府県から指定を受け、介護支援専門員(ケアマネージャー)を配置してます。在宅介護を受けるときの窓口になります。

居宅介護サービス計画について

居宅サービスを利用するには,指定居宅介護支援事業所に依頼して居宅サービス計画(ケアプラン)を作成してもらうことをお勧めします。この計画は,心身の能力を最大限生かし,可能な限り自立した日常生活が営めるよう,介護支援専門員(ケアマネージャー)が利用者や家族の方と相談しながらサービスの利用プランを決定するものです。