介護の基本

Basics of nursing care

知っておきたい介護の基礎知識や実際にかかる費用の例、利用できるサービスの種類まで、介護のキホンをご紹介します。

介護とは

介護とは、老齢または心身の障害により日常生活を営むことが困難な人に対し、生活の自立を図ることを目的として、日常生活動作や家事・健康管理さらに社会活動の援助を行うことをいいます。

介護が必要になったらまずすること

介護を行うには、誰かの手が必ず必要ですので、まずは介護保険を申請しましょう。 介護保険は、国が運営する介護保険制度を活用して、様々なサービスを少ない負担金額(収入に応じて1割から3割)で受けることの出来る制度です。

介護保険活用の流れ

ステップ.1

要介護認定を受けましょう

市町村の窓口へ「要介護認定を受けたい」と相談下さい。申請手続きは、本人または家族が行ないます。

ステップ.2

主治医の意見書・訪問調査

市町村の依頼で主治医が意見書を作成します。また市町村の職員が自宅へ訪問し面談を行います。

ステップ.3

要介護度の決定・ 認定結果通知

申請から1カ月程度で結果が分かります 。結果通知は郵便で届きます 。

ステップ.4

要介護・要支援と認定

介護保険を使ってサービスを受ける準備が出来ました。
介護を行うに当たって、大きく二つの選択肢があります。 自宅で介護を行う「在宅介護」と、施設で介護を行う「施設介護」です。

自宅生活で介護サービスを受ける場合

要介護認定の方は、居宅介護支援事業所の、要支援認定の方は、地域包括支援センターの相談員が、介護計画(ケアプラン)を担当します。事業所については市町村の窓口へご相談下さい。また、決まった介護支援事業所がある場合は、直接お問い合わせ下さい。

訪問系介護サービス

自宅まで訪問してサービスを行ってくれます。 サービスの内容によっては、身の回りのお世話のほか、医療行為も行うことが可能です。
 
  • 訪問介護
  • 訪問看護
  • 小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)
  • 看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)
  • 訪問リハビリテーション
  • 訪問入浴介護
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  • 居宅療養管理指導
  • 夜間対応型訪問介護

通所系介護サービス

外出して受けることのできるサービスです。
 
  • 通所介護(デイサービス)
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 認知症対応型通所介護
  • 小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)
  • 看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

施設入居をして介護サービスを受ける場合

入居を希望する施設へ連絡を入れ、資料請求や見学をして、施設をお選びください。

介護付き有料老人ホーム

介護が必要になったときにそのホームのスタッフがサービスを提供する施設です。定められた基準をクリアし、「特定施設入居者生活介護」と呼ばれるサービスを提供する認可を受けて初めて「介護付き有料老人ホーム」として運営することができます。

グループホーム

要支援2以上で原則65歳以上の認知症高齢者で、施設がある自治体に住民票を持つ方が入居できる施設です。5〜9人を1ユニットとする少人数で、専門スタッフから介護サービス、機能訓練等を受けながら、料理や掃除などの家事を分担し共同生活を送ります。

介護サービスを探している方へ

メディカルライフケアは、お一人おひとりに合わせた介護サービスを提供します。

訪問介護・居宅介護支援・デイサービス

詳しくはこちら

小規模多機能型居宅介護

詳しくはこちら

介護付有料老人ホーム

詳しくはこちら

グループホーム

詳しくはこちら

BLOG

スタッフブログ

RSS

 
[平塚本社]
〒254-0065
神奈川県平塚市南原2丁目1番12号

[東京事務所]
〒105-0003
東京都港区西新橋1-15-6
内幸町企画ビル2階
TEl:03-6811-2878
FAX:03-6811-2833

0120-044-888

WEBでお問い合わせ

ページトップ